NEWS TOP

2018.03.22

世界中を笑顔にした“おっさん赤ちゃん”に、日本中もメロメロ!
ユニバーサル・スタジオ作品『怪盗グルーのミニオン危機一発』超えの
初日大ヒットスタート!!

%e2%91%a0634149_sq0700_s062_pub_109_f109_4k_final_cmyk

3月21日(祝・水)より全国335スクリーンで公開を迎えた本作が、
初日で動員数22万8522人、興行収入2億5889万8900円記録し、
堂々の大ヒットスタートとなりました!!

この数字はユニバーサル・スタジオ作品『怪盗グルーのミニオン危機一発』(全国323館626スクリーン)の初日興行収入対比で208.6%となっています!

日本語吹き替え版では、ボス・ベイビー役をムロツヨシさん、ボス・ベイビーに振り回される兄のティム役を芳根京子さん。大人になったティム役を宮野真守さん、ティムの両親役を、乙葉さんとNON STYLE石田明さん、兄弟の両親が務める会社のCEO、フランシス・フランシス役を山寺宏一さんが務めるなど、人気・実力を兼ね備えた声優陣が集結。

公開前から話題を集めていた本作ですが、公開後のSNS上では「ムロさんいいわあ〜〜」、「芳根京子さん最高✨」、「宮野真守無双すぎ」とそれぞれの役のハマリっぷりに絶賛コメントが多く寄せられ、また、“見た目は赤ちゃん、中身はおっさん”という突飛なキャラクター設定で公開前から話題となっていた、本作の主人公であるボス・ベイビーについても、その魅力にメロメロになるひとが続出!「ぷりぷりムチムチボディたまらん」、「中身はおっさんなのに可愛い」、「私もあんな素敵な上司がほしいです」との声が相次いでいます!

%e3%83%9c%e3%82%b9%e3%83%bb%e3%83%99%e3%82%a4%e3%83%93%e3%83%bc%e3%81%ae%e6%82%aa%e3%81%99%e3%81%8e%e3%82%8b%e9%a1%94

すべての年代を問わず誰もが自分のことのように共感してしまう、
とびきり楽しくて素晴らしいドリームワークス・アニメーションの真骨頂!!
『ボス・ベイビー』を是非劇場でご覧ください!


『ボス・ベイビー』(全国323館335スクリーン)
2018年3月21日(祝・水) 動員数人員:22万8522人 興収:2億5889万8900円

『怪盗グルーのミニオン危機一発』(全国323館626スクリーン)
2013年9月21日(土) 動員数人員:9万5040人、興収:1億2410万8100円
※すべて興行通信調べ